New!!ユメのAmwayブログ

アムウェイ全般のニュースの情報配信!!!



Amwayでもオートファジーを推薦!!16時間!?DNA修復!?空腹は最強の健康説

   

ノーベル賞でもオートファジーメカニズムの発見で日本人が授与されたみたいだね!知ってる!?

老化を防ぎ健康になれるのか!?

↓のリンクでオートファジーがなんたるかを説明しているので、数分で読めるからぜひ!!!

子供たちに聞かせてあげたいノーベル賞 2016》 2016 年ノーベル生理学医学賞 (大隅良典博士)

リンクはこちら

ライフハック関連の書籍では睡眠、食事、瞑想にフォーカスがされているけど、Amwayもしっかり注目しているんだよ!

オートファジーとは

オートファジー Amway アムウェイ プロテイン

オートファジーのさまざまなシステム

オートファジーとは、細胞の中で不要になったタンパク質やミトコンドリアなどの細胞内器官を分解して再利用する仕組み。ギリシャ語で「オート」は「自己」、ファジーは「食べる」という意味で、日本語では「自食作用」と訳されます。

これは、酵母や植物、動物など、すべての真核生物(細胞核を有する生物)に備わっているリサイクルシステムです。

また、オートファジーが、「防御」の役割を持つことも判明しています。生物は日ごろ、さまざまな感染症のリスクにさらされていますが、それをもたらす病原菌が体内に入ってきたとき、まずは白血球などが働く免疫によって病原菌を倒します。

しかし、それらをかいくぐって細胞の中に侵入してきた場合、オートファジーが、感染した細胞の有害な微生物やウイルスを分解処分するといった働きをすることも分かってきたのです。

さらなる研究が期待されるDNA修復機能

オートファジーには、細胞の中の古くなったり壊れたりしたたんぱく質やミトコンドリアといった、余計なものを細胞自体が除去するという、細胞内たんぱく質のクオリティコントロールの役割があることも明らかになっています。

さらにその除去で集めた余計なものから、たんぱく質の材料を作り出すこともできるのです。たとえば成人男性は1日に約200gのたんぱく質を合成しているのですが、体内に取り入れるたんぱく質の量は60~80g程度。

その差は、オートファジーが補っているのです。そしてこのようなオートファジーの機能が、様々なタイプのDNA損傷の修復にも関与すると考えられてきており、今後さらなる研究が期待されています。

Amway公式サイトより引用

Amway公式サイトでは動画でも説明しているから、ぜひチェックしてね!オートファジーは今健康関連では結構強めのキーワードだよ!

Amwayオートファジー説明動画

プロテインにまた注目されそうだね!

Amwayとは関係ないけど、オートファジーのYoutube動画。

 - アムウェイブログ